実写映画版「テラフォーマーズ」特報!

2015年12月17日
投稿日時
タグ

1300万部を突破した人気コミック「テラフォーマーズ」が実写にて完全映画化され、2016年4月29日金曜日上映される。その特報が公開された。

予告動画では、世界に放つビッグプロジェクトと題し、2599年の火星地球化計画、通称テラフォーミングを妨げるテラフォーマーと戦う15人の日本人について紹介され、映画の魅力を存分にアピールしている。

「テラフォーマーズ」とは

集英社のSFアクション漫画。二足歩行の人型に進化したゴキブリと人類が壮絶なバトルを繰り広げる。原作は「このマンガがすごい!2013」オトコ編で第1位に選ばれ、2014年にはTVアニメ化もされている。

PS4/PS3「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」のPV第3弾が公開中

投稿日時
タグ

2015年12月17日に発売されたプレイステーション3/4用ソフト「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」のPV第3弾が9月20日より公開されている。

第1弾からPVの解説を行っているのは、第4部で主人公にも負けぬ劣らぬ人気を誇るキャラクター「岸部露伴」だ。
今回のPVは露伴がレストランで食事をしているシーンから始まり、その店の店主トニオトラサルディーよりアイズオブヘブンの謎についての話を持ち掛けられる。
この部分では、原作者の荒木飛呂彦先生が監修したオリジナルストーリーに触れており、今回その一部が明らかになった。

あのスピードワゴン財団のトップシークレットとのことだが、詳しいことはほとんど明かされていない。
バトルだけの前作とは違い、今回はオリジナルストーリーも加わったところが非常に魅力的なところだ。

以降は、第1弾、第2弾で紹介していなかったキャラクターを一人一人紹介している。新たに参入したキャラもおり、もちろんジョジョシリーズなので、どのキャラも個性的で前作を上回るおもしろさが期待できるだろう。

スタンド能力で戦う大興奮バトル、それに原作者のストーリーも加わった「ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン」をぜひお楽しみいただきたい。

デスクトップパソコンの掃除手順を紹介!

投稿日時
タグ

まずは準備

用意するものは、手袋・綿棒・外したねじを入れる容器、プラスドライバー、エアダスター(風を吹きかけるスプレー)、そして、小型の掃除機。

汚れを確認したらいよいよ掃除の開始。ドライバーでねじをはずし、実際に中を掃除していく。大きな部分を手や掃除機でしっかりきれいにし、細かい部分はエアダスターを吹き付ける。さらに細かい汚れや付着物は、綿棒の出番だ。掃除が完了したら、本体を元通りにしていく。

おわりに

今回は、デスクトップ型パソコンの掃除の仕方について楽しい雰囲気で紹介されているが、内部に思いのほかに汚れがたまっていることも、視聴する際にはポイントだ。

映画『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』来春上映!

2015年12月16日
投稿日時
タグ

恋愛青春群像劇、ついに映画に

来春4月23日(土)、アニメーション映画『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』が全国ロードショーとなる。

本編では

主人公は、幼馴染の瀬戸口優に片思い中の桜丘高校3年、榎本夏樹。優への告白を「練習」だと言ってしまい、素直になれない夏樹の心模様が、色彩豊かなアニメーションと共に描かれている。

HoneyWorks

原作/音楽を担当するのは、動画総再生回数1億回を超えるクリエイターユニットHoneyWorks。「告白予行練習」「初恋の絵本」「ヤキモチの答え」を中心としたシリーズプロジェクト、告白実行委員会~恋愛シリーズ~が、ついに劇場に登場する。

なお、第一弾特典月全国共通前売券は、11月21日(土)より発売が開始されている。

【アニメ化】「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」PV第1弾

投稿日時
タグ

TVアニメ「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」の放送が決定した。来年1月、青春疾走ストーリーが始まる!

本当にカッコいいのは、本気になったヤツだけ。

6人一組のチームで町中を走りぬき、その速さを競うエクストリームスポーツ「ストライド」。これは、高校ストライドの東日本大会「エンド・オブ・サマー」の頂点を目指して駆け抜ける少年たちの物語だ。

原作は、デザインワークスの曽我部修司(FiFS)「プリンス・オブ・ストライド」(発売:角川ゲームス、製作:KADOKAWA)でキャラデザはののかなこ(FiFS)が担当している。

あの「僕のヒーローアカデミア」のTVアニメ化が決定

2015年12月15日
投稿日時
タグ

少年ジャンプ連載「僕のヒーローアカデミア」のテレビアニメ化が決定

現在、集英社の「週刊少年ジャンプ」(以下、少年ジャンプ)で連載中のヒーローアクションコミッ­ク、「僕のヒーローアカデミア」のテレビアニメ化が決定しこれに伴い、動画投稿サイトYouTubeに告知動画がアップされた。

主人公の緑谷 出久(みどりや いずく)はヒーローになることを目指して、ヒーローを輩出する高校への入学を目指す過程で、良き師匠や友達、また、ライバルや敵と出会い、様々な経験をしながら、成長していく物語。

果たして主人公は、夢見たヒーローになれるのか。

「週刊少年ジャンプ」からの新たな名作

「僕のヒーローアカデミア」は、少年ジャンプに2014年7月から連載開始された。

そのわずか1年を過ぎたところで累計発行部数が200万部を超え、大変な人気だ。

ドラゴンボールやワンピースに続く大ヒットの期待大

これまでに少年ジャンプから大きく羽ばたいた「ドラゴンボール」、「ONE PIECE」に続く新作アニメで、大ヒットが期待される。

「ドラゴンボール」が持つ異空間を漂わせるような世界観、メッセージ性が強いストーリー、独自性を持つ主人公達が人気を支えている。

特報!「WORKING!!!」ファイナルスペシャル年末放送!

投稿日時
タグ

「ロード・オブ・ザ・小鳥遊」

12月26日(土)23時半より、TOKYO MXほかにてWORKING!!!第14話「ロード・オブ・ザ・小鳥遊」が放送される。今回は1時間の拡大放送となっている。

今回は、3期にわたって放送されてきたWORKING!!シリーズの完結編となっており、予告動画ではRPG仕立てで物語が展開されている。感動の完結編として告知されているが、どのような結末が用意されているのか、ファンの期待は高まるばかりだ。

WORKING!!

北海道を舞台に、架空のファミレス「ワグナリア」と、そこに勤務する登場人物たちによる日常が描かれた作品。キャラクター同士の軽快で、巧みに交わされるボケとツッコミが特徴で、スクウェア・エニックスの漫画雑誌掲載の4コマ漫画が原作。

「おすすめ動画」を追加しました

2015年12月14日
投稿日時
タグ

「おすすめ動画」の追加

おすすめの動画を紹介するコンテンツを追加しました。クリックして頂くと動画を紹介する記事のページに移動します。また「更にみる」をクリックすると一覧が表示されます。
主にアニメ、ゲームジャンルの動画をご紹介していく予定です。

20151214_おすすめ動画

またトップページの構成を少し変更しました。
「おすすめ動画」の追加に伴い、サイトを見やすくするために、TVで放映される映画予告の「近日TV放映予定の映画」や、上映中映画のランキングである「映画つぶやき数ランキング」はサイトの下部へ位置を移動しております。

左のカテゴリーも一部を除き、「その他のカテゴリー」というリンクへ統合しております。以前のリンク集も「その他のカテゴリー」から利用することができます。

サイトについての改善点やご意見、ご要望がありましたら こちら からご連絡下さい。

今後ともFoooooをよろしくお願いいたします。

2016年1月発売予定!オーディンスフィア新作ゲーム!

2015年12月10日
投稿日時
タグ

「オーディンスフィア」のリメイク版として復活

「オーディンスフィア レイヴスラシル」は2007年に発売された「オーディンスフィア」のリメイク版として2016年1月14日に発売される予定だ。動画投稿サイトYouTubeでは、2つのプロモーションビデオがすでに公開されている。

世界中で人気のゲーム

本作は株式会社アトラスとヴァニラウェア有限会社が共同開発している2DアクションRPGだ。5つの厄介によって世界は終焉を迎えるという予言が残された地を舞台に、6つの物語が展開する。5人の主人公でそれぞれ別の物語をプレイしていくことで物語の謎を解き明かすゲームだ。

前作のオーディンスフィア

前作の「オーディンスフィア」は世界中で100万本以上売れた大ヒット作となっており、本作はそのリメイク版としてさらなる期待ができるゲームだ。なお、「オーディンスフィア レイヴスラシル」はPlayStation 4、PlayStation 3、PlayStation Vitaにて発売される。

【Star Wars】 「ついに行けるぞ、あの世界。」PS4 Star WarsのCMが絶賛公開中

投稿日時
タグ

2015年11月19日に発売されたプレイステーション4用ソフト「スター・ウォーズ バトルフロント」のCM動画が絶賛公開中です。

動画は、サラリーマンとおぼしき主人公が、仕事中にR2-D2のフィギュアを眺めているシーンから始まります。彼はおそらくスターウォーズのファンなのでしょう。
そのフィギュアを眺めながら、子供のころ友人と、懐中電灯をライトセーバーに見立てて遊んでいた頃を思い出しています。

すると、地響きがなり始め、窓ガラスの外を見ると、反乱同盟軍の戦闘機「Xウイング」が。
そこには子供の頃、一緒にスターウォーズごっこをしていた友人が乗っており、ヘルメットを外して「お前もこいよ」と言わんばかりの笑顔を見せます。
主人公はいてもたってもいられなくなり、会社の椅子で窓ガラスをブチ壊し、そのままXウイングに飛び乗ります。
そして、雪と氷の惑星「ホス」へと飛び立ち、少年時代に夢見ていた大興奮の世界を体験するのです。

プレイステーション4ではグラフィックの進化が驚異的と言えるほどリアルになっているので、「スター・ウォーズ バトルフロント」では、今までにないほどその世界を体感できることでしょう。
動画を見て興味を持ったユーザは是非プレイしてみては、いかがでしょうか。